キャリアプラン

キャリアプランとは、長いスパンで職業上の目標を立てることです。

自分がどのようにキャリアアップしていくかを計画し、それを実現するためにはどうすればよいか方法を考えます。

具体的には、その仕事で実績を出すための業務スキルの取得、より上級職を任されるためのノウハウの取得、昇進するために必要なビジネススキルの取得、そして、ジョブチェンジ(ほかの業務に就くこと)や転職によるステップアップによってキャリアプランを実現させていくのです。

例えば、平社員から社長になる、経験・スキルを活かして起業する、見習い職人から親方になる、証券会社の営業マンからヘッジファンドの金融ディーラーになるなど。

もちろん、資格取得や留学なども必要かもしれませんし、資金面の計画も欠かせません。

起業するのであればなおさらです。

また、ビジネスや業務自体の役割の変化などもあるため、キャリアプランは随時修正しながら進めていきましょう。