救急救命士

救急救命士とは、病気や交通事故や火災などの災害現場での怪我にいち早く応急処置を施し、とりわけ命に関わる一刻を争う状況下で、病院に搬送する業務を行ないます。

一般の救急隊員とは違い、救急救命士は、医師の指示のもとで怪我人・病人の心臓や呼吸が停止している場合は、人工呼吸などの救命措置はもちろん、気道内送管による酸素供給や心臓へのカウンターショック療法を行い蘇生措置を行うことができる、現場救命のエキスパート。

救急救命士になるには、まず消防官採用試験に合格し、消防学校で訓練を受けて消防官になった後、救急隊員養成教育を受けて救急隊員に。

その後、救急救命士の実務経験を積み、国家試験に合格しなければなりません。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>