求人広告

求人広告とは、人材採用を目的とした広告のことをいいます。

求人広告を掲載する媒体は多岐にわたり、新聞の求人ページ・折り込み広告、求人雑誌、インターネット求人情報、求人フリーペーパーなど実に多くのものが存在します。

対象地域も、地方専門型、地域密着型、大都市や首都圏型、全国型など様々。

また、派遣登録スタッフ専門、技術者専門、風俗専門など、業種・ターゲット別に特化する場合も。

近年はインターネット上の求人サイトも増えてきました。

求人広告の特徴は、企業が求める人物像に適合した転職希望者を応募させるための仕掛け。

ターゲット設定を行い、そのターゲットにアピールできるポイントに絞って、原稿内容を展開します。

望む人材に応募させるためのエンジニアリング手法を用い、ディレクター、ライター、デザイナー、カメラマンが知恵を絞って企画を練り、特定のターゲットに届く表現方法を決め、広告を作り上げるのです。

結果は明白にでます。

応募総数、面接総数、採用総数はもちろん、ネット媒体であれば、その広告の各求人企業のヘッドラインから詳細ページに入るためのクリック数まで。

このように、他の広告とは一線を画しますし、求人広告会社ごとに特徴もあります。