義肢装具士

義肢装具士とは、機能を失った身体の一部の形や機能を補う装着具を作る人。

義手や義足が一般的です。

義足の製作を例にとると、採寸・採型→組立→試歩行(仮合わせ)→仕上げ→最終適合といった工程で作業が進められ、この中で義肢装具士が担当するのは採寸・採型、試歩行、適合の部分。

もともとは全工程を担当していましたが、近年は組立・仕上げについては製作専門の技術者が行うことが多いようです。

大切なのは適合の部分で、生身に器具をいかに違和感なく装着し使用できるかが課題。

患者・障害者本人の意見・要望はもちろん、医師、理学療法士、作業療法士などと情報を交換しながら、より良い義肢装具を作ります。

義肢装具士になるには、専門養成学校を卒業し、試験に合格しなければなりません。

その後専門の義肢装具製作会社で経験を積みます。

独立して病院と直接契約して活躍する人も多いようです。