介護ヘルパー

介護ヘルパーとは、お年寄りや身体の不自由な人の家事援助・介護を行う人で、ホームヘルパーともいいます。

具体的には、食事の世話や家事、排せつなどの日常生活をお手伝いし、相談相手・話し相手にもなります。

介護サービスを利用する人は介護保険の導入によって年々増加。

在宅介護事業などを行なう事業者が増え、老人ホームなどで介護を在宅での介護に切り替えるケースが多いのもその一因で、介護ヘルパーのニーズが増えています。

ヘルパーになるには、1級から3級まである資格を取得しなければなりません。

3級資格は講習を受けるだけで取得可能で自治体主催の講習を受けるのが一般的です。

ただし、実際に介護ヘルパーとして活躍するには2級資格を求められることが多く、福祉専門学校で学ぶか国の認可を受けた訪問介護事業者が開く講座を受講することが必要。

自治体も講習を行っていますが、3級と違い希望者が多く、受講は抽選となることが多いようです。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>