介護保険制度

介護保険制度とは、介護保険法(2000年4月に施行)に定められた、介護に関するサービスの定義と保険料徴収、保険料支払に関する制度です。

この介護保険制度の導入により、訪問介護サービスや老人ホームをはじめとする民間の福祉施設サービスが広く普及しました。

保険料は公的保険に加入する満40歳以上の者から徴収し、年金受給者からは年金から差し引くことで徴収。

被保険者は介護が必要と認められた場合に、様々な介護サービスの提供を受け、それに応じた保険料が支払われます。

既に高齢化社会が到来し、今後はさらに高齢者の割合が高くなることから、保険料の徴収を満20歳以上とする案も提案されています。