海上保安官

海上保安官とは、日本沿岸において事故や犯罪を未然に防ぎ、その発生に際しては日本国民の安全と命および国益を守る国家公務員。

日本は海に囲まれているため船舶の往来が過密的で、海岸線が長いためマリンレジャーを楽しむ人口も多く、海難事故の発生が頻繁です。

また、国境が海ということで密輸、密入国などの犯罪も多発。

海上保安官はそれらを防ぎ、取り締まる海の警察官なのです。

また、海の交通に欠かせない灯台の管理や海図の作成なども主たる任務です。

海上保安管になるには、海上保安大学校か海上保安学校を卒業しなければなりません。