格付け

格付けとは、企業などが発行する社債などの債券の信用力(確実性・財務的安全性など)あるいは企業そのものの財務的観点からの実力(債務履行力など)を順位を付けて評価すること。

また、将来の財務内容に影響を与えるはずの「マーケット動向」や「経営手法」なども加味されます。

ムーディーズ社、スタンダード&プアーズ社などの「格付け機関」があり、これらの機関が対象会社の独自の調査結果に基づいて提供する情報が、ビジネスや投資の際に参考になります。

格付けの根拠となる数字・指標は、評価企業の財務分析など入念に調査し算出され、Aaa、Aa、A、Baa、Ba、などの記号で表現。

企業は、格付け結果が事業に影響を及ぼすため、良い格付けが取得できるように財務体質の強化や有効な事業戦略の策定と実機に努めます。

このカテゴリーネス用語では以下のことも知ることができます。

ビジネス用語
株式公開買付
IAS(アイエーエス/ インターナショナル・アカウンティング・スタンダード)
DI(ディーアイ/ディフュージョン・インデックス)
景気動向指数
TLO(ティーエルオー/テクノロジー・ライセンシング・オーガニゼーション)
SWOT(エスダブリュオーティー)分析
SPA(エスピーエー/スペシャリティー・ストア・リテーラー・オブ・プライベーター・ラベル・アパレル)
PTS(ピーティーエス/プロプリタリー・トレーディング・システム)
PPP(ピーピーピー/パブリック・プライベート・パートナーシップ)
PFI(ピーエフアイ/プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)
PER(ピーイーアール/プライス・アーニング・レシオ)
PDCA(ピーディーシーエー)サイクル
PBR(ピービーアール/プライス・ブック・バリュー・レシオ)
MMF(エムエムエフ/マネー・マネジメント・ファンド)
KJ(ケイジェイ/カワキタジロウ/川喜田二郎)法
JIT(ジェイアイティー/ジャスト・イン・タイム)
ISO(アイエスオー/インターナショナル・オーガニゼーション・フォー・スタンダーディゼーション)14001
ISO(アイエスオー/インターナショナル・オーガニゼーション・フォー・スタンダーディゼーション)
FSP(エフエスピー/フリークエント・ショッパーズ・プログラム)
ETF(イーティーエフ/エクスチェンジ・トレード・ファンズ)
DCF(ディーシーエフ/ディスカウント・キャッシュ・フロー)
4P(ヨンピー)
3PL(スリーピーエル/サード・パーティー・ロジスティクス)
アライアンス
アフィリエイト
悪徳商法
アイコンタクト
インサイダー取引
インキュベーター
エンパワーメント
エンジェル
外食産業
格付け
会社四季報
キャリアアンカー
キャリア
グループウェア
サンプリング
サラリーマン
サイドビジネス
再生ファンド
サービサー
辞表
証券仲介業
セル生産方式
BSI(ビーエスアイ/ビジネス・サーベイ・インデックス)
BRICs(ブリックス)
B2C(ビートゥーシー)
B2B(ビートゥービー)
CS(シーエス/カスタマー・サティスファクション)
CRM(シーアールエム/カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)
ディスクロージャー
データマイニング
トレーサビリティー
ヒューマンスキル
プロダクト
プレゼンテーション
ペイオフ
ヘッドハンター
ホウレンソウ
モチベーション
リスクマネジメント
ロジカルシンキング
ワークシェアリング
ワンストップサービス

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>