カメラマン

カメラマンとは、スチールカメラやムービーカメラで写真や映像を取る人。

本来はムービをとるカメラマン(映画カメラマン、TVカメラマン)をさし、スチールカメラを使うカメラマン(写真カメラマン)はフォトグラファーといいますが、一般的には写真カメラマンを指します。

専門分野として考えられるのはルポルタージュ、報道、建築、動物、自然、スポーツ、ファッション、アート、そのほか非常に幅広いのですが、ニーズには差があり、危険が伴う分野も。

職業としてなりやすいのは雑誌や広告の写真カメラマンです。

また、インターネットのサイトに使う写真のニーズも増えています。

カメラマンになるために資格は必要ありませんが、専門学校や大学などで学ぶのが近道です。

写真館やカメラマンのアシスタントとなって勉強することも可能。

写真展を開いたり、写真集の出版やインターネットを通じてアピールすることも有効でしょう。

出版社や新聞社などで経験を積んで、人脈を広げフリーランスになって活躍するカメラマンも多いです。