カラーコーディネーター

カラーコーディネーターとは、色が人に与える特性を生かして、ニーズに合わせてコーディネートする人。

色は、組み合わせや使い方次第で人の心理や生理に影響をおよぼすものとして、効果的な活用が求められています。

例えば「黄は注意力を喚起する」「赤はヤル気や食欲を促す」とされ、 このような色による心理・生理現象を上手に活用し、目的に沿った色の使い方・組み合わせ方をコンサルティングしたりアドバイスするのがカラーコーディネーターの仕事です。

近年はその重要性への認識が高まり、専門職として活躍の範囲は広がりました。

ファッションやインテリア分野などで顧客にアドバイスするだけでなく、そのような業界の接客・販売担当者への教育、様々なメーカーでの商品開発に際して色彩提案、企業のCI(コーポレート・アイデンティティー:会社の個性・独自性)関する色彩提案、街づくりなど環境づくりに関する色彩計画立案など、実に様々。

カラーコーディネーターになるには、色彩に関する専門的な知識を得るために専門学校や美術系の大学などで学びます。

カラーコーディネーター検定や色彩検定の勉強をして資格をとるのもプロへの近道。

デザイン事務所やインテリア関連の会社で実務経験を積んで知識・ノウハウを身に付けることも可能で、実力があればフリーランスで活躍することができます。