管工事施工管理技士

管工事施工管理技士とは、「管」にかかわる工事・施工のスペシャリストです。

人の暮らしの中や産業活動の中にある、様々な「管」。

ガス配管、上下水道管、空調ダクト、そのほか住宅にビルに工場に、各種施設に、あらゆる場所の「管」関連の工事を管理・監督するのが管工事施工管理技士です。

具体的には、工事の施工計画の作成、近隣への手続き、作業・進捗管理、コスト管理、人的管理、現場管理、業者管理、資材管理などを行います。

また、他の工事も同時に行われることが多く、建築施工管理技士など別領域の工事の責任者との折衝や協力も。

管工事施工管理技士になるには、国家資格を取ることが必須。

一級管工事施工管理技士資格、二級管工事施工管理技士資格があり、指定学校・学科卒業後1〜3年の実務経験を経た後に受験することができます。