管理栄養士

管理栄養士とは病院、学校、会社、給食センターなどで、献立を作成したり、栄養指導をする仕事です。

管理栄養士は、バランスのとれた食事や目的に応じた献立を提供することによって、健康や体つくりをサポート。

栄養士よりも高度な知識を持ち、より安全性や専門的を求められる施設で活躍します。

例えば、患者個別の症状に応じた献立を考えなくてはならない病院や、育ち盛りの子供たちの成長をサポートする献立が必要な学校です。

また、近年では、食事は大きな楽しみでもあるため、機械的に栄養を計算して機能だけを優先させるのではなく、味やボリューム、見た目にも考慮した献立が求められます。

管理栄養士になるには、まず栄養士の資格が必要です。

国が指定する専門学校や短大、大学の栄養士養成課程を卒業し、都道府県への申請で栄養士の資格を取得。

その後、厚生労働省が実施する管理栄養士国家試験で合格すれば、管理栄養士資格を取得できます。

病院・学校・会社、福祉施設のほかに、スポーツ選手の栄養管理、フィットネスクラブでの栄養指導、食品メーカーで健康食品開発、料理家など様々な分野での活躍が可能です。