画家

画家とは、絵を書くことを生業とする人のことで、絵を販売することで収入を得ています。

絵には水彩、油絵、アクリル、水墨、エアブラシなど様々な道具があり、ジャンルも多岐にわたりますが、自分の表現に最適なものを選択あるいは新しく生み出し、ジャンルにも縛られず、書きたいものを自由に描きますが、多くは自分の作風やオリジナリティーを確立しているものです。

実際には、いわゆる美術・芸術色の濃い画家として生計を立てる人は多くなく、大半は挿絵やイラストを描く商業画家であり、仕事としては自分の自由に描くことは叶いません。

画家になるには、専門学校や美術系の大学などで絵を描く技術を学ぶこともできますが、独学でも可。

自費で個展を開いたり、ネット上で公開したり、作品集を制作してアピールする方法もあります。