音楽療法士

音楽療法士とは、音楽を聴かせることで人に安らぎ・癒しをなどを与え、治療の方法とする仕事です。

人は心地よい音楽を聴くと、精神が安らいだり、心拍数が安定したり、脳が活性化するなどの反応があることが証明されていて、「1/fゆらぎ」といわれる周波数を利用します。

「1/fゆらぎ」とは自然界に非常に普遍的に見られる現象で、音楽や生体のリズムは基本的に「1/fゆらぎ」です。

音楽療法士は、こうした現象を、自閉症、痴呆症、うつ状態をはじめとする様々な精神異常を改善させるために応用。

療法計画を立案し、反応を見ながら計画を遂行しますが、音楽を聴かせるだけではなく、自ら楽器を演奏して聴かせたり、患者に演奏の楽しさ教え、治療につなげることも。

音楽療法士になるには、大学や専門学校などで音楽療法について学ぶか、団体などが開催するセミナーに参加して学び、医療機関、福祉施設、養護学校などで活躍します。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>