オンライントレーダー

オンライントレーダーとは、インターネット上で株、先物、外貨などの取引を行う人のこと。

一般的には株の取引を指すことが多く、個人がネット証券会社に取引用の口座を開き、そのネット証券のシステムを介して売買し利ざやを稼ぎます。

そして、ネット証券は取引ごとに手数料を徴収することで利益をあげるのです。

ネットビジネスに参入する証券会社が増えるまでは、最新情報を得るのが難しく、売買手数料が高いなどの理由で個人で売買取引を行なうことは困難でしたが、最近では様々な証券会社がネットに参入したり、ネット専門の証券会社もあり、個人がパソコン1台でできるようになっりました。

また、オンライントレードを職業として一日中パソコンと向き合って売買を繰り返す人をデイトレーダーといいます。

オンライントレーダーになるには、金融市場やトレーディング業務の知識が必要であるため、金融機関などに勤務してプロのトレーダーの経験を元に独立してオンライントレーダーになる人が多かったようですが、近年は個人が独学で学んだり、トレーダーを始める人に向けた講座やセミナーなどに参加して学ぶことも。

学生や主婦も気軽にチャレンジできるようになりました。

このカテゴリーでは以下のことも知ることができます。

IT用語
技術移転機関
USB(ユーエスビー/ユニバーサル・シリアル・バス)
SFA(エスエフエー/セールス・フォース・オートメーション)
QR(キューアール/クイック・レスポンス)コード
PBX(ピービーエックス/プライベート・ブランチ・エクスチェンジャー)
Java(ジャバ)
IP(アイピー/インターネットプロトコル)電話
IPV6(アイピーブイロク)
IDC(アイディーシー/インターネット・データ・センター)
IC(アイシー/インテグレーティッド・サーキット)タグ
IC(アイシー/インテグレーティッド・サーキット)カード
GDI(ジーディーアイ/グラフィック・デバイス・インターフェイス)
FTTH(エフティーティーエイチ/ファイバー・ツー・ザ・ホーム)
eラーニング(イーラーニング)
ERP(イーアールピー/エンタープライズ・リソース・プランニング)
EC(イーシー/エレクトリックコマース)
e-Japan(イージャパン)戦略
DRM(ディーアールエム/デジタル・ライツ・マネジメント)
DCF(ディーシーエフ/デザインルール・フォー・カメラファイルシステム)
4G(ヨンジー)
2次元コード
アルゴリズム
オンライントレーダー
オンラインゲーム
オープンソース
クライアント
ソリューション
ASP(エーエスピー/アプリケーション・サービス・プロバイダー)
BBS(ビービーエス/ブリテン・ボード・システム)
CTI(シーティーアイ/コンピュータ・テレフォニー・インテグレーション)
CMS(シーエムエス/コンテンツ・マネジメント・システム)
チェッカー
電子マネー
電子認証
電子決済
ネット銀行
ハッカー
プロクシサーバー
ブログ
ブロードバンド
ブルートゥース
フローチャート
フォーマット
ファイアーウォール
ベンダー
ポータルサイト
ホットスポット
無線LAN
ユビキタス
ユーザー
リナックス
リッチクライアント

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>