映画監督

映画監督とは、映画の制作現場を統括する責任者であり、創作・演出の責任者。

映画監督は脚本を元に、俳優の選択や演出のプラン、展開や描写そして設定、ストーリーや台詞にまでタッチします。

もちろん小道具や衣装など決定も監督の責任です。

現場では役者の演技指導を行い、撮影スタッフに指示を出し、現場の撮影以降はフィルム編集や録音、音効や特殊効果など細部にまでタッチして作品を完成させます。

映画監督になるには、資格などは必要ありません。

自主制作映画で経験を積み映画会社に売り込みをかける、映画会社・映像制作会社に入社してアシスタントや助監督などで経験を積み、映画監督としてデビューするなどの方法があります。

いずれにしろ映画作りに関するあらゆる知識を身につけ、経験を積んでいく必要があるようです。