絵本作家

絵本作家とは、絵本を表現手段として活躍する作家のことです。

絵を主体にして短い文章と少ないページ数で物語りが綴られています。

独自性・創造性のある絵と文章を一人で両立させることが必須。

元来、子ども向けとされ、子どもが共感したり何かを学んだりできる話や夢のある物語・世界観を表現することが一般的だが、最近は大人の感性や大人が子どものころを思い出したり、人生の指針となるような物語が展開される絵本も出版されています。

絵本作家になるには、絵本コンクールなどに入賞してチャンスを待つケースや、絵本を出版社に持ち込む方法も。

イラストレーターから作家を目指す人も多いです。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>