演出家

演出家とは、脚本をもとに役者の演技や舞台装置、音や映像効果などを考え、指導して、映画や芝居などに反映させる人です。

映像作品や芝居は演技や様々な効果などの要素の組み合わせや見せ方によって、見る人の感じ方、見る人への伝わり方が異なってきます。

そこで、脚本家や映画監督と意見を交わしながら、観客・視聴者を最も惹きつけることができる視聴覚的な表現を実現していくのが演出家の役目です。

演出家になるには、特に資格などは必要なく、まずは役者としての経験を積み、演出家になります。

また、脚本家が演出家になったり兼務することも。

大学や専門学校の演劇科で関連した知識を学ぶことができます。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>