ウェブディレクター

ウェブディレクターとは、Web制作の現場責任者のことです。

デザイナー、ライター、エンジニア、プログラマー、など複数の人間がチームを組んで実制作にあたるため、ウェブディレクターは全体を統括して、進捗管理やクオリティー管理を行いながら、より良いサイトの完成を目指します。

プロジェクトの目的や目標、あるいはモチベーションをスタッフにもたせる役目も担っています。

ウェブディレクターになるには、Web制作に関する総合的な知識を得るため専門学校や養成講座で学ぶか、もしくは独学でも構いません。

主に広告代理店、デザイン事務所、Web制作会社などでウェブデザイナーとして経験を積み、仕事の幅を広げる形でウェブディレクターとなる場合がほとんどです。

フリーランスとして独立もできます。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>