ウェブデザイナー

ウェブデザイナーとは、ホームページの全体構成とデザインを行う仕事をする人です。

ホームページを作りたい顧客の要望・目的、コンセプト、発信する情報・コンテンツ企画を念頭に、ホームページ全体の構成を考えます。

そして、様々な要素をビジュアル的な面で表現し、ホームページによるビジネス効果を生み出していきます。

企業のイメージ作りや商品のPR・販売などを目的に作られることが大半であるため、デザインが大変重要です。

ウェブデザイナーになるには、専門学校や専門講座などで、HTMLなどの技術とグラフィックデザインのトレーニング、グラフィックソフトやフラッシュ制作ソフトをマスターする必要がありますが、独学でも構いません。

その後、ウェブ制作会社やデザイン事務所などで経験を積みます。

フリーで活躍するウェブデザイナーも多いようです。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>