育児支援家庭訪問事業

育児支援家庭訪問事業とは、子どもの養育が困難(出産後間もない時期や家族の事情などによる)になっている家庭の問題を解決・軽減することを目的とした事業です。

市区町村が家族構成や育児能力を判断して、育児相談や家事の援助などを行っています。

育児経験者やヘルパーを派遣して各案件にあたり、場合によっては助産師や保健師なども派遣。

この事業は、育児ストレスによるノイローゼなど精神不安によって、親が子どもを虐待するなどの行為が社会問題化したため、親子を引き離さずに家庭の中で解決できるよう、2004年度に導入されたました。