医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカーとは、長期的な医療を受ける患者と社会福祉の仲介者。別名、MSWとも呼ばれています。

病気や障害などにともなう、経済、社会、心理的な心配事、不安などの問題について相談をうけ、問題解決のお手伝いをする専門家です。

例えば、長期の治療による高額な医療費の支払いが困難になったり、治療に専念するために仕事を続けられない状況に陥るなど、患者が治療や生活を維持できない状況になった場合、医療ソーシャルワーカーは、専門の知識を用いて患者に適切な助言を与え、年金・医療保険・介護保険や福祉制度・施設などの活用を進めていくのです。

医療ソーシャルワーカーになるには、専門学校・短大・大学などで福祉を学び、社会福祉士試験に合格した後、医療機関に就職します。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>