医療秘書

医療秘書は、医師がそれぞれの仕事に専念できるように事務的な作業の補佐を行う仕事です。

日常の診察・手術や紹介状や診断書の作成などはもちろんのこと、院内・部課の会議、医師会の会合、論文作成など、医師は本人でなければできない業務が多く多忙。

医療秘書は、そうした医師をサポートし、スケジュール管理や電話応対、資料整理を手伝い、診療報酬明細書作成といった医療雑務を行い、医師が業務に集中できる環境を整えます。

病院などの医療機関に就職し、秘書として配属されれば、医療秘書になれます。

そこで研修や仕事をとおして、医療に関連した知識、法律、語学力、薬価点数や診療報酬点数の換算方法、請求書の作り方、カルテの見方などを身に付けていきます。

先に専門学校や通信講座で学んでおけば就職に有利で、実力を測る目安のひとつである「医療秘書技能検定」を受けてみるのも良いでしょう。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>