インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターとは、様々なニーズ、ライフスタイル、志向に合わせた空間を提案し、つくる仕事です。

住宅・住まいが中心となりますが、店舗などの商業施設に対してもコーディネートを行います。

照明やファブリックなどを含めたインテリアによる空間づくり・演出を主としますが、ニーズや自身のこだわりを追求していくためには、リフォーム領域に踏み込むこともあり、建築の知識が必要に。

その場合、現場の管理や見積もりなどもできなくてはならず、また、近年は色彩コーディネートや色彩心理学の知識も必要とされつつあります。

インテリアコーディネーターになるには、専門学校や短大・大学で住居学などを学び、住宅メーカーや家具メーカーに就職してインテリアコーディネーターとしての経験を積みます。

インテリアコーディネーター資格を取る人も多く、その後はフリーとして活躍もできます。