インテリアデザイナー

インテリアデザイナーとは、主に商業的な空間を提案し、つくる仕事で、空間デザイナーということもあります。

店舗、オフィス、ホテル、ビル、或いは高級マンションや高級住宅なども含まれ、インテリアコーディネイターに比べ、空間そのもの構造・デザインから携わる場合が多いようです。

つまり建築段階から関わり、トータルなコンセプトづくりの一端を担うというわけです。

仕事の領域は広く、壁・天井・床などの内装から、空調や照明の位置、ファブリックや家具の選定やデザインまで担当。

インテリアコーディネーターと協力して空間作りを行うこともあります。

インテリアデザイナーになるには、建築設計事務所や家具メーカー、住宅メーカーなどでデザインの経験を積みましょう。

専門学校や大学などで建築などを学んだ人も多く、必須ではありませんが建築士の資格を取得して、より幅広く仕事をしている人も多いです。

独立して個人事務所を開業することもできます。