アニメーター

アニメーターとは、アニメーション作品を作る人です。

原画と動画で役割分担があり、原画担当はレイアウトと絵コンテをもとに動きの起点・終点となる絵を描き、動画担当は原画と原画の間の動き(中割りといいます)を補間するように一コマ一コマ絵を描きます。

また、原画はラフに描かれていることも多いため、線を拾い描き上げるのも動画担当の役割。

このように、アニメーターは動きを作る人、またはキャラクターに演技をつける人、といえます。

一般的にアニメーターはまず動画を担当し、経験を積むと原画を任せられるようになります。

さらに経験を積み、作品全体を見渡せる実力や制作に関するマネジメント能力が身につけば、作画監督へのステップアップも可能。

アニメーターになるには、アニメに関する専門学校で技術・知識を学んだ後、アニメ制作会社でアニメーターになります。

専門的に学ばずに、アルバイトから始めることもできます。

最近ではアジア諸国にアウトソーシングされることも多いようです。