QC(キューシー/クオリティー・コントロール)活動

QC(キューシー/クオリティー・コントロール)活動とは、職場や現場でチームを結成して、効率化、品質向上、顧客満足向上のために様々な問題の提起・改善に継続的取り組みをすることです。また、そのチームのことをQCサークルと呼びます。QC活動のポイントは、会社の支持ではなく、あくまでも自主的な品質改善運動ということ。現場主導のボトムアップ方式は、改革のスピードが遅く、全社的な視点にも欠けるという点がありますが、職場環境・チームワーク・自主性を培う自己啓発的な意味合いも強く、日本の製造業の強みの1つであることは間違いありません。ヒストグラム、グラフ・管理図、チェックシート、パレート図、層別、特性要因図、散布図と七つの手法がありますが、