SPI(エスピーアイ/シンセティック・パーソナリティー・インヴェントリー)

SPI(エスピーアイ/シンセティック・パーソナリティー・インヴェントリー)とは、職務適性や職務遂行能力を測定する心理テストのことです。

リクルート社が開発したもので、多くの企業がSPIテストを導入して採用活動の際に活用しています。

正確には、ほとんどの企業がSPI検査の上位バージョンSPI2検査に移行しているようです。

具体的には、マークシート方式で、文章理解能力などの基礎的な業務遂行能力や職務適性などを測定。

企業はこの試験を採用の一次試験に位置づけ、測定結果は面接で活用できるように設計されています。

様々なSPI対策本が出版されていますが、テスト形式に慣れる効果はあるものの、本質的な能力や職務適性を短期間で変わることはないので、受験結果には影響がないようです。