TOC(ティーオーシー/セオリー・オブ・コンストレインツ)

TOC(ティーオーシー/セオリー・オブ・コンストレインツ)とは、「制約条件の理論」のことです。

会社組織をシステムとして捉え、そこに内包される本質的な制約に注目。

本質的な制約とは、組織の中で最も弱い部分が全体のパフォーマンスに影響を与えるという考え方で、その弱い部分に集中して改善を行う仕組みを与えれば、著しい成果が実現されるという企業経営の手法です。

製造業・製造現場を中心に広まり、現在では企業活動全般に適用され、例えばプロジェクト管理の改善法として「クリティカルチェーン法」が有名です。

日本では新しい概念として最近になって関心が高まりました。

やはり製造業から導入が始まり、具体的には、工場などの生産性の向上を阻む要因を特定し、それを改善することによって、全体の生産性を高めることに活用されています。

このカテゴリー経営では以下のことも知ることができます。

会社経営
TQM(ティーキューエム/トータル・クオリティー・マネジメント)
TOC(ティーオーシー/セオリー・オブ・コンストレインツ)
TOB(ティーオービー/テイク・オーバー・ビット)
R&D(アールアンドデー/リサーチ・アンド・ディベロップメント)
ROI(アールオーアイ/リターン・オン・インベストメント)
ROE(アールオーイー/リターン・オン・エクイティー)
ROA(アールオーエー/リターン・トゥ・アセット)
P/L(ピーエル/プロフィット・アンド・ロス・ステートメント)
M&A(エムアンドエー/マージャー・アンド・アクイジション)
MOT(エムオーティー/マネジメント・オブ・テクノロジー)
MBO(エムビーオー/マネジメント・バイ・アウト)
LBO(エルビーオー/レバレッジド・バイ・アウト)
IR(アイアール/インベスター・リレーション)
IPO(アイピーオー/イニシャル・パブリック・オファーリング)
IE(アイイー/インダストリアル・エンジニアリング)
HRM(エイチアールエム/ヒューマン・リソース・マネジメント)
EVA(イーブイエー/エコノミー・バリュー・アデッド)
アウトソーシング
委員会等設置会社
売上高
管理会計
カンパニー制
かんばん方式
株式公開
株式会社
会社更生法
起業
子会社
ジョイントベンチャー
自営業
商社
シネコン
シナジー
シェアードサービス
スーパーセンター
選択と集中
成果主義
創業
ABS(エービーエス/アセット・バックド・セキュリティ)
ABM(エービーエム/アクティビティー・ベースド・マネジメント)
ABC(エービーシー)分析
B/S(ビーエス/バランスシート)
BPR(ビーピーアール/ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)
CSR(シーエスアール/コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティー)
COO(シーオーオー/チーフ・オペレーティング・オフィサー)
CMS(シーエムエス/キャッシュ・マネジメント・システム)
CFO(シーエフオー/チーフ・ファイナンシャル・オフィサー)
CEO(シーイーオー/チーフ・エグゼクティブ・オフィサー)
中小企業
独立
独占禁止法
倒産
内部監査
バランスシート
破産
ビジョン
プライバシーマーク
ベンチャーキャピタリスト
ベンチャー・キャピタル
ベンチャー
ボランタリーチェーン
ポスト
ミッション
持株会社
有限会社
有価証券報告書
リストラ
連結決算

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>